必ず許可をとらなければなりません

必ず許可をとらなければなりません

最初から調理用としましての自動車も存在をしますが、それにしましても特注品ということになるのでしょう。この場合の管轄は、自動車の保管場所と営業地が違う場合、届出先が変化するだけはあるのなので、確認を不可避して下さい。いまは、ケータリングカーの販売や改造を専門的に行なってる業者もわんさですので、相談をぜひしてみてほしい。なお、他の営業の施設との兼任は不可能です。付け加えると、客がそばまで来て、商品を手渡すのだから、キレイや清潔感、痛快というビジョンをもたらすのも売上につながると考えてください。車を見たのみで、何を売っているとわかるのは、断然客の目を引きます。移動販売の中で、ケータリングカーを使うときには、許可を不可避とらないそしたらならない。そこそこの経験がある方の話は手掛りにすると感じが好いでしょう。このケータリングカーでは、クレープやラーメンなど、その自動車で調理をすることの方がある場合デス。その管轄で定められました条例の施設の基準を満たす必要がありまして、食べ物衛生責任者は絶対に必要です。ケータリングカーは、それだけですが宣伝効果があげられます。ケータリングカーを移動販売で使うときは、もちろん自動車は大幅改造が必要となるんです。実際に自分が思わしい形と現実のものとのギャップもあるでしょうけど、もし未熟者なら、アドバイスを聞いて、改造の内容も考えいくほうが良好でしょう。届出先は保健所デス。

トップへ戻る